しゃぶしゃぶ木曽路の松坂牛偽装事件

 

しゃぶしゃぶ木曽路の松坂牛偽装事件

和牛と国産牛比較

最近、食品偽装の事件のニュースが多すぎですねえ。1年に何回でることやら。。。またですかい?といい加減に慣れっこになってしまっている人も多いですね。

 

でも、「松阪牛(松坂牛)」の偽装については、許し難いものを感じます!
だって、本物の松阪牛(松坂牛)を飼育して実際に販売している人たちの苦労を無にする行為です。是非ともこうゆう事件は根絶してほしいですね!

 

しゃぶしゃぶ木曽路の松坂牛偽装のニュース内容
  • “銘柄牛ではない牛肉”を「松阪牛」などと偽っていた
  • 不正が発覚の店舗・・北新地店(大阪市)、神戸ハーバーランド店(神戸市)、刈谷店(愛知県刈谷市)の3店舗。
  • 販売期間・・2012年4月から2014年7月まで28カ月

 

和牛と国産牛比較

牛肉を仕入れているのは料理長で、店舗の最高責任者の店長だが、調理場の責任者として料理長が仕入れをしているという状況。

具体的には、仕入れ先の選定や価格の取り決めは本社がやっているが、毎日の発注については料理長が取引先に注文を出している。

 

偽装の動機は?

原価の調整のためという料理長の言葉があったということで、料理長の責任として、調理場の品質管理、数字面では原価率という予算を守ることがあります。
年間で目標の原価率になるように、調整したのが偽装の理由で、仕入れ値の高い松阪牛の代わりに和牛特選霜降肉を使っていたということです。@@

 

松阪牛(松坂牛)の定義とは?

「黒毛和種」の「未経産(子を産んでいない)雌牛」で、2004年(平成16年)11月1日時点での三重県・中勢地方を中心とした旧22市町村、および、旧松阪肉牛生産者の会会員の元で肥育され、松阪牛個体識別管理システムに登録している牛のこと。
しかし、現在では、格付に関係なくシステムに登録した牛は松阪牛となるが、独自の基準で以下の表示をされているそうです。

 

「特産松阪牛」:但馬系の黒毛和種の雌牛を900日以上肥育したもの。
「金」:肉質等級が5で5等級とよくいわれます。
「銀」:肉質等級が4で4等級とよくいわれます。
2002年(平成14年)8月19日の規約改訂前の松阪牛に該当するのは、「特産松阪牛」かつ「金」のお肉だけですね。

 

「特産松阪牛」かつ「金」のお肉である松阪牛(松坂牛)のお取り寄せを注文する!